ラノッキア:「前へ進むしかない」

ラノッキア:「前へ進むしかない」

サンプドリア戦後、DFはシーズンについて語った。

ミラノ– インテルは日曜日、サン・シーロでサンプドリアを3-0で下し、リーグ戦のシーズンを終えた。アンドレア・ラノッキアは最後の17分間ピッチに立ち、ネラッズーリのファンから温かく迎えられ、試合後インテルのシーズン終了について、「サッカーでは、全てがいつも思い通りにいくわけではない、今年やってきたことを考えると残念だが、受け入れなければならない」と振り返った。

また、彼は「残念ながら、シーズン中盤で勝ち点をあまり稼ぐことができなかった時期があり、強いチームと接戦を何度か行い悔やみはあるが、悔やまず、前へ進むしかない。」と語った。

「応援してくれたファン、チームメイト、家族、子どもたち、みんなに感謝しています。個人的には、自分がやってきたこと、与えてくれたものすべてに満足しているし、幸せだ。 

「インテルに来たとき、僕は希望と野心、そして楽しみたいという気持ちを持った少年だった。今は少し大人になったが、サッカーを楽しみたいという気持ちはまだ残っている。今は少し休んで、それから将来のことを考えよう。」


English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana  Versión Española 

Load More