サミュエル・エトーがインテル殿堂入り

2021年の最終入会者が発表され、カメルーンFWはパリュウカ、マテラッツィ、スナイデルと共に加わる。

1/1
サミュエル・エトーがインテル殿堂入り - Winners ETOO HOF Slider News

ミラノ - サミュエル・エトーはインテル殿堂入りを果たした。1981年3月10日にンコンで生まれた元カメルーンFWは、この輝かしいクラブの殿堂に加入する4度目のフォワードであり、ジャンルカ・パリュウカ、マルコ・マテラッツィ、ウェスレイ・スナイデルと並んで、殿堂入り第4版で2021年のエントリーを終了しする。

エトーは、ロナウド、ジュゼッペ・メアッツァ、ディエゴ・ミリートの足跡をたどり、インテルの歴史に残る最新のゴール決めるスーパースターである。カメルーン人は、2009年から2011年までのクラブの驚くべき一連の成功に不可欠な存在であった。

2009年夏にクラブに加入し、エトーは中国で開催されたイタリアのスーパーカップでラツィオと対戦しゴールを決めたが試合は負けてしまった。だがこれは、102試合の出場で53ゴールを記録した最初のゴールであり、その間にチームは6つ以上のトロフィーを獲得した。

2009/10年、エトーはミリートと並んでシーズンを開始し、インテルをセリエAの栄光に輝かせましたが、彼が最大のマークを付けたのはチャンピオンズリーグだった。フォワードはルビン・カザンでゴールを決めネラッズーリをノックアウトステージに進め、強力なチェルシーチームと向き合った。エトーは、スタンフォード・ブリッジの第2戦で試合の唯一のゴールを決め、インテルは次のステージへ進んだ。ジョゼ・モウリーニョはカメルーン人を左サイドに移し、そこでより多くのスペースを見つけ、チームのバランスを改善した。カンプ・ノウでのエトーの元バルセロナチームメイトに対する劇的な試合は、ミリートが重要なゴールを記録し、マドリッドで開催されたバイエルンミュンヘンに対する輝かしい決勝戦とともに、エトーが全体的に相手を大混乱させたことは記憶から離れない。

エトーは、イタリアのスーパーカップで成功を収める前に、クラブでスクデット、コッパ・イタリア、チャンピオンズリーグを制覇した。しかしそれだけがすべてではなかった。ゴラン・パンデフとジョナタン・ビアビアニーと共に彼はマゼンベ戦でゴールを決めて世界のトップに立ち、ビニール袋を使った彼のゴールダンスは、ネラッズーリ界の隅々まで行き渡った。彼がインテルを去る前に、2011年にコッパイタリアで再び成功を収めた。

サミュエルとネラッズーリとのつながりはいまだにとても強く、彼がクラブに残した跡は決して忘れられません。彼の技術、パワー、強さ、カリスマ性により、9番は、インテルの殿堂入りにふさわしいことはどのインテルファンも思うだろう。

INTER HALL OF FAME:

2018 edition: Walter Zenga; Javier Zanetti; Lothar Matthäus; Ronaldo.
2019 edition: Francesco Toldo; Giacinto Facchetti; Dejan Stankovic; Giuseppe Meazza.
2020 edition: Julio Cesar; Giuseppe Bergomi; Esteban Cambiasso; Diego Milito.
2021 edition: Gianluca Pagliuca, Marco Materazzi, Wesley Sneijder, Samuel Eto'o.


Versione Italiana  English Version  Versi Bahasa Indonesia  Versión Española  中文版 

タグ: hall of fame
Load More