スパレッティ「我々はインテルに相応しい姿勢でピッチに立つ必要がある」

スパレッティ「我々はインテルに相応しい姿勢でピッチに立つ必要がある」

 ネラッズーリの監督がインテル対フロジノーネ戦を前に記者会見で発言した:「我々は毎試合ベストを尽くてプレーするチームを擁している」

 アッピアーノ・ジェンティーレ発 - 国際Aマッチ期間を終えリーグ戦が再び再開された。これはルチアーノ・スパレッティにとっても直前に行われたFacebook上でのライブセッションに続き、24日(土)のナイトゲームに向けた試合前記者会見の再開を意味していた。「他の試合に比べ決して容易とは言えない重要な一戦だ」と監督は試合についてコメント、「明日の試合は我々の今後にとり重大な意味を持つ、非常に厳しい連戦の初戦となるものだ。我々は全ての対戦相手に対し真剣な姿勢で臨まねばならない。インテルのようなチームを相手にするのは他のチームの意欲を掻き立てるからだ。それぞれのチームに異なった態度は取れない。インテルとしての姿勢でのみ臨むことができる」

 「国際的なトーナメントへの参戦と遠征が連戦に影響を与えるか?実際に問題となるのは誰を起用するかではなく、この連戦で我々がどれほどの運動量を費やし、この試合に勝たねばならないという重圧とどのように付き合うかにある。メンバー入りをする選手たちは誰もが等しい。我々はどの試合でも全力を尽くし戦うことのできるチームを擁している。全てのフィジカル面での問題に対応する準備はできている」

 「10分でナインゴランは試合を優勢にすることができる。彼は完全に回復した。ゲームごとに選手たちの持つ異なる特性が検討される。ケイタは自信を持っており、これこそが試合のあらゆる局面においてトッププレーヤーたらしめるものだ」

 「ダルベルト?水曜日彼があの場にいられなず、良い時間を過ごしたにもかかわらず中断を余儀なくされたことを申し訳なく思う。ポリターノは我々が目にした以上のことができる。イカルディは得点のスペシャリストだ。求められた時にゴールを決める。まるで最も重要な局面でこそ彼にとっては容易であるかのように。ペリシッチはピッチを縦横無尽に駆け、チームをサポートするために全力を尽くす」


English Version  中文版  Versión Española  Versi Bahasa Indonesia  Versione Italiana 

Load More